カッパドキア南部ツアー

 

カッパドキア南部ツアー

カッパドキア南部ツアー

料金 :  € 45pp~

エリア : カッパドキア
comments : レギュラーツアー/プライベートツアー/「ローズバレーと地下都市ツアー」 ピンク色の岩肌のローズバレーハイキングはキリスト教徒の住んだ古い村チャウシン村まで続きます。午後はカイマクル地下都市で巨大な地下住居を見学。●ローズバレーハイキング ●チャウシン村 ●鳩の谷 ●カイマクル地下都市 ●オルタヒサール城塞(昼食 ホテル送迎付 1日または半日 日本語ガイド可)

09:30頃 ホテルにスタッフがお迎え/バスターミナルへはご到着に合わせてお迎え /空港へのお迎えも可Ops
・レッドバレーからローズバレーへのハイキング レッドバレーは赤、茶、白そして鮮やかなピンク色の地層が幾重にも重なったとても美しい谷。かつて修道士が住んだ洞窟教会があり、フレスコ画とともに瞑想的な雰囲気が残ります。これらを見学しながらのハイキング。ローズバレーはレッドバレーと同じくらいのスケールをもつ壮大な谷。延々と続く桃色の奇岩が広がり、夕方には岩肌が夕日を受けて美しくばら色に染まる有名な夕日スポット。自然の空気をいっぱい吸い込みながらのゆっくりとしたハイキングはとても気持ちいいものです。
●チャウシン村 ハイキングの終着地点。カッパドキアで最も古い村で1960年まで人が住んでいましたが、岩の侵食で廃村となりました。当時キリスト教徒とイスラム教徒が共存していたので、モスクや教会が多く残されています。中でも、St.John教会は5世紀頃に建てられたカッパドキア最古の教会といわれています。
●昼食(洞窟レストランまたはローカルレストラン)
●鳩の谷 長い年月をかけて侵食されたできた谷にの岩肌には小さな穴がいくつも見られます。これは、やせた土地にぶどうを育てるための肥料として鳩の糞を使っていた人たちが作った鳩の巣。カッパドキアはワインの産地としても有名です。
●カイマクル地下都市 蟻の巣のように地下に広がる地下都市。歴史は紀元前400年ともいわれるほど古く、アラブ人からの迫害から逃れた2万人ものキリスト教徒が暮らしていたといわれていますが、まだまだ謎が多く残っています。カイマクル地下都市は地下5階まで見学できます。カッパドキアの地下都市の中でも最も多くの入場者が来場しているポピュラーな地下都市。
●オルタヒサール この地域で2番目に大きな80mもの岩山でできたかつて、村を守っていた城塞。オルタヒサールの町では夏は涼しく、冬は暖かい特徴をもつ洞窟が貯蔵庫として使われており、地中海から運ばれてきたレモンやオレンジなどの貯蔵庫を見ることができます。
16:30頃 ツアー終了 ホテルやバスターミナルへへ送迎 /空港への送迎も可Ops

*昼食を挟んで午前のコースまたは午後のコースを回る半日ツアーにすることも可能です。ご相談ください。

A/Cエアコン付ツアー車
カッパドキアのホテルまたはバスステーション往復送迎
英語ガイドまたは日本語ガイド
入場料
昼食・レストランでのチップ(飲み物は含まれません)
VAT/現地消費税

子供料金: 5歳以下無料  6歳以上-12歳未満50%

予約